- FRAXY Try function (Drawobject) -

CREATEOBJECT "CREATEOBJECT",variable,align,basePos,posX,posY,destroyFrame,fadeinFrame
画像や文字を表示するためのオブジェクトを生成する命令です。
この命令で作成したオブジェクトは"OBJECTIMAGE"や"OBJECTWORD"でタイプを設定してください。

生成に成功した場合は var1 で指定された変数に objectID を返します。
失敗した場合は _stat に -1 を返します。
書式"CREATEOBJECT",var1,int2,int3,int4,int5,int6,int7
var1オブジェクトのIDを格納する変数
int2文字揃えフラグ
0
左揃え
&1
中央揃え(X)
&2
右揃え
&4
中央揃え(Y)
&8
下揃え
int3基準となる位置
012
345
678
int4位置補正 X (ドット)
int5位置補正 Y (ドット)
int6破壊までのフレーム数
>0
指定フレーム後に破壊
-1
永久に表示
int7フェードインフレーム値

DESTROYOBJECT "DESTROYOBJECT",objectID,destroyFrame,fadeoutFrame,option
オブジェクトに破壊設定をする命令です。
間違ったIDを指定するとなんらかの問題が発生する場合があるので注意してください。
オブジェクトが存在しない場合は _stat に -1 を返します。
書式"DESTROYOBJECT",int1,int2,int3,int4
int1対象オブジェクトID
int2破壊までのフレーム数
int3フェードアウトフレーム値
int4オプション
&1
フェードアウト時に横幅を伸ばす
&2
フェードアウト時に縦幅を伸ばす
&4
フェードアウト時に横幅を縮める
&8
フェードアウト時に縦幅を縮める

EXISTOBJECT "EXISTOBJECT",objectVar
オブジェクトの存在を確認する命令です。
var1には"CREATEOBJECT"でオブジェクトIDを格納した変数を指定してください。
オブジェクトが存在しない場合は変数の値が 0 にリセットされます。
書式"EXISTOBJECT",var1
var1オブジェクトのIDを格納した変数

LOADIMAGE "LOADIMAGE","filename",imageID
画像を読み込む命令です。
読み込んだ画像は"OBJECTIMAGE"や"OBJECTIMAGEFONT"で使用します。

読み込みに失敗した場合は _stat に -1 を返します。
ファイルが見つからなかった場合は _stat に -2 を返します。
書式"LOADIMAGE","str1",int2
"str1"読み込む画像ファイル名 (*.bmp *.jpg)
int2読み込み先ImageID

OBJECTANGLE "OBJECTANGLE",objectID,angle
この命令はオブジェクトが画像タイプと塗りつぶしタイプの場合に有効です。

オブジェクトの角度を変更する命令です。
オブジェクトが存在しない場合は _stat に -1 を返します。
書式"OBJECTANGLE",int1,int2
int1対象オブジェクトID
int2角度 (0~4095)

OBJECTFILL "OBJECTFILL",objectID,R,G,B,SizeX,SizeY,blendMode,blendRate
オブジェクトを塗りつぶしタイプに設定する命令です。
オブジェクトが存在しない場合は _stat に -1 を返します。
書式"OBJECTFILL",int1,int2,int3,int4,int5,int6,int7,int8
int1対象オブジェクトID
int2色 R
int3色 G
int4色 B
int5サイズ X
-1
ウインドウの横幅
0~
指定された横幅
int6サイズ Y
-1
ウインドウの縦幅
0~
指定された縦幅
int7ブレンドモード
3
半透明合成
4
通過色付き半透明合成
5
加算合成
6
減算合成
int8ブレンド率 (0~255)

OBJECTIMAGE "OBJECTIMAGE",objectID,imageID,imagePosX,imagePosY,imageSizeX,imageSizeY,blendMode,blendRate
オブジェクトを画像タイプに設定する命令です。
画像IDは"LOADIMAGE"で読み込んだIDを指定してください。
オブジェクトが存在しない場合は _stat に -1 を返します。
画像IDが存在しない場合は _stat に -2 を返します。
書式"OBJECTIMAGE",int1,int2,int3,int4,int5,int6,int7,int8
int1対象オブジェクトID
int2画像ID
int3画像元 X
int4画像元 Y
int5画像サイズ X
int6画像サイズ Y
int7ブレンドモード
3
半透明合成
4
通過色付き半透明合成
5
加算合成
6
減算合成
int8ブレンド率 (0~255)

OBJECTIMAGEFONT "OBJECTIMAGEFONT",objectID,imageID,fontSizeX,fontSizeY,shiftX,shiftY,blendMode,blendRate
オブジェクトを画像フォントタイプに設定する命令です。
画像フォントタイプは文字列の描画に画像を使用します。
文字列は"OBJECTSTRING"で変更できます。
画像IDは"LOADIMAGE"で読み込んだIDを指定してください。
オブジェクトが存在しない場合は _stat に -1 を返します。
画像IDが存在しない場合は _stat に -2 を返します。

この画像フォントは半角英数字専用です。
全角文字を含む文字列は正常に描画されないので注意してください。

画像は文字コード順に横1列あたり16文字、16列で用意する必要があります。
詳しくはサンプルをご覧ください。

int3とint4はフォントサイズをドット単位で指定します。
例えばグリッドサイズ20x20に合わせて作成した画像ならばint3とint4共に20を指定します。

int5とint6は1文字描画するごとに描画位置をどれだけずらすかをドット単位で指定します。
通常は描画位置補正XにフォントサイズXと同じ値、描画位置補正Yには0を指定してください。

フォントサイズから上下左右1~2ドット分の余白を空けて文字を作成し、
描画位置補正を余白の分だけ小さい値にすると拡大縮小時のちょっとした問題が発生し難くなります。
書式"OBJECTIMAGEFONT",int1,int2,int3,int4,int5,int6,int7,int8
int1対象オブジェクトID
int2画像ID
int3フォントサイズ X
int4フォントサイズ Y
int51文字ごとの描画位置補正 X
int61文字ごとの描画位置補正 Y
int7ブレンドモード
3
半透明合成
4
通過色付き半透明合成
5
加算合成
6
減算合成
int8ブレンド率 (0~255)

OBJECTPOS "OBJECTPOS",objectID,basePos,posX,posY
オブジェクトの位置を変更する命令です。
オブジェクトが存在しない場合は _stat に -1 を返します。
書式"OBJECTPOS",int1,int2,int3,int4
int1対象オブジェクトID
int2基準となる位置
012
345
678
int3位置補正 X (ドット)
int4位置補正 Y (ドット)

OBJECTSTRING "OBJECTSTRING","message",objectID,counter
"OBJECTWORD"や"OBJECTIMAGEFONT"の文字列を変更する命令です。
オブジェクトが存在しない場合は _stat に -1 を返します。
書式"OBJECTSTRING","str1",int2,int3
"str1"文字列
int2対象オブジェクトID
int3表示カウンタ値 [-1]
-1
表示カウンタ値を変更しない
0~
任意の値

OBJECTWORD "OBJECTWORD","message",objectID,counter,option
オブジェクトを文字タイプに設定する命令です。
表示カウンタ値は何文字目から表示するかを指定します。
表示オプションの文字色とフォントは"COLOR"と"FONT"で設定したフォントが適用されます。
オブジェクトが存在しない場合は _stat に -1 を返します。
書式"OBJECTWORD","str1",int2,int3,int4
"str1"表示する文字列
int2対象オブジェクトID
int3表示カウンタ値 [-1]
-1
表示カウンタ値を変更しない
0~
任意の値
int4表示オプション [-1]
-1
表示オプションを変更しない
&1
点滅
&2
袋文字
&4
文字色を変更する
&8
フォントを変更する

OBJECTZOOM "OBJECTZOOM",objectID,zoomX,zoomY
この命令はオブジェクトが画像タイプと塗りつぶしタイプの場合に有効です。

オブジェクトの拡大率を変更する命令です。
拡大率は512=1.0で指定してください。
負数を指定すると反転します。
オブジェクトが存在しない場合は _stat に -1 を返します。
書式"OBJECTZOOM",int1,int2,int3
int1対象オブジェクトID
int2拡大率 X (512=1.0)
int3拡大率 Y (512=1.0)