- FRAXY Try function (Sound) -

DSEFREQUENCY "DSEFREQUENCY",soundID,frequency,frame
周波数を変更する命令です。
周波数を上げると音が高く、再生速度が速くなり、
下げると音が低く、再生速度が遅くなります。
設定できる周波数の最小と最大は実行環境に依存します。
書式"DSEFREQUENCY",int1,int2,int3
int1サウンドバッファID (0~63)
int2周波数 (50~44100 Hz)
int3フェードフレーム

DSEGETFREQUENCY "DSEGETFREQUENCY",soundID,mode
周波数を取得する命令です。
_stat に周波数を返します。
書式"DSEGETFREQUENCY",int1,int2
int1サウンドバッファID (0~63)
int2取得モード (0~1)
0
現在の周波数
1
元の周波数

DSELOAD "DSELOAD","filename",soundID
重要 : この命令を含めDSE系命令は効果音設定でDirectSoundが指定されていないと実行されません。

効果音をサウンドバッファにロードします。
サウンドバッファIDは0~63まで使用できます。
既に使用中のバッファを指定した場合、再生中ならば停止、解放してからロードします。
ロードに失敗した場合は _stat に 0 以下の値を返します。
書式"DSELOAD","str1",int2
"str1"ファイル名 (*.wav *.mp3)
int2サウンドバッファID (0~63)

DSEPLAY "DSEPLAY",soundID,volume,loop,fadeframe
指定したサウンドバッファを再生します。
フェードインフレームに0以上の値を指定するとフェードインが有効になります。
書式"DSEPLAY",int1,int2,int3,int4
int1サウンドバッファID (0~63)
int2音量 (0~100 %)
int3ループオプション
0
ループ無し
1
無限ループ
int4フェードインフレーム

DSESTOP "DSESTOP",soundID,fadeframe
指定したサウンドバッファを停止します。
フェードアウトフレームに0以上の値を指定するとフェードアウトが有効になります。
書式"DSESTOP",int1,int2
int1サウンドバッファID (0~63)
int2フェードアウトフレーム

DSEVOLUME "DSEVOLUME",soundID,volume,fadeframe
指定したサウンドバッファの音量を変更します。
フェードフレームに0以上の値を指定するとフェードが有効になります。
書式"DSEVOLUME",int1,int2,int3
int1サウンドバッファID (0~63)
int2音量 (0~100 %)
int3フェードフレーム

BGMPLAY "BGMPLAY","filename",loopflag,message
BGMを読み込んで再生する命令です。
既に読み込んだBGMを再生中の場合は読み込むことができません。
書式"BGMPLAY","str1",int2,int3
"str1"BGMのファイル名 (*.mid *.mp3)
int2BGMのループ設定
0
ループ無し
1
無限ループ
int3BGMファイル名のメッセージ表示
0
無し
1
有り

BGMSTOP "BGMSTOP"
再生中、または再生が終了したBGMを停止する命令です。
別のBGMを読み込む前に必ずこの命令で停止させてください。
特殊属性Break属性
書式"BGMSTOP"

SEPLAY "SEPLAY","filename",loopflag,precedence
効果音を読み込んで再生する命令です。
既に読み込んだ効果音を再生中の場合は読み込むことができません。
再生優先順位は既にゲーム中で再生されている他の効果音(爆発音など)と優先値を比較し、値が大きければ再生します。
他の効果音の優先値はSEフォルダのsound.txtに記述されています。
書式"SEPLAY","str1",int2,int3
"str1"効果音のファイル名 (*.wav)
int2効果音のループ設定
0
ループ無し
1
無限ループ
int3再生優先順位 (0~)

SESTOP "SESTOP"
再生中、または再生が終了した効果音を停止する命令です。
別の効果音を読み込む前に必ずこの命令で停止させてください。
特殊属性Break属性
書式"SESTOP"